ローン

ローンは「貸付」という意味ですが、私たちにとっては「お金を借りる」ことを意味しています。手元の貯蓄でカバーしきれない場合に、お金を借りて返済することになるので、住宅購入や自動車購入、教育費など生活設計を支える手段にもなります。
ローンには借入先やその内容によって、次のような分類・特徴があります。
銀行などの民間金融機関、信販会社や消費者金融などのノンバンク、そして住宅金融支援機構や日本政策金融公庫国民生活事業などのような公的な機関があります。一般的に公的な機関のローンは、使途や借入条件、借入限度額などに制約がある一方、金利が比較的低めで固定タイプのものが多いといえます。一方、民間の金融機関やノンバンクは、使途や借入条件が比較的緩やかで、借入限度額も大きく、金利や返済期間など選択肢が非常に多くなっています。
ローンはその借入目的から、「使途が限定されたローン」と「使途が自由なローン」に大別できます。一般に、「使途が限定されたローン」は、使途を証明する書類が必要なことが多く、同じ金融機関であれば「使途が自由なローン」に比べて金利が低いというメリットがあります。
様々な種類があるのでローンを組む時には調べておくのもいいかもしれません。

お金がなくてもものが買える

私が始めてクレジットカードを使ったのは、発行してからかなり時間が経ってからでした。
銀行の口座開設の際にクレジットカード機能も付けますかと言われて、よく分からずも「はい」って言って付けてもらいました。
それからクレジットカードの使い方も分からず、ずっと放っておいていました。

そして有効期限が近づいてきてるんだなと知って、折角だから使ってみようかなと思い使ってみました。
仕事の関係でクレジットカードについての知識をある程度付けていたので、どういう風に使えばいいかはもう分かっていました。
そして使ってみた感想は、ただただ感動の一言につきました。当たり前のことですが、お金がなくてもものが買えることに感動しました。